鍼灸師の収入・就職先・将来性

スポンサードリンク

鍼灸師の収入・就職先・将来性はどうなんでしょう?

これは私には分からない。

ただ面白い世界です。
私が面白いからといってあなたが面白いか分からない。

 

日本の鍼灸は現在岐路に立っています。
世界からも注目が集まっているこの時代は珍しいかもしれません。
現在の鍼灸師会のトップたちは現在の鍼灸界を何処に導こうとしているのか?

 

日本の医療として乗せる気があるのか?
保険導入にしか興味が無いのか?
そういう現状です。

 

掲示板や2ちゃんねるなどでも目にするのですが
「鍼灸師は儲からない・就職先がない・将来性がない」
実際はどうなんでしょう?

 

収入についてですが大きく幅があります。
相当な収入がある鍼灸院もあれば、収入が少ない
患者さんが余り来ない鍼灸院もあります。

 

腕が良い悪いという以前に経営的なことも学ばないと人が集まら
ないことが多いです。

 

開業して看板を掲げ、電話帳に載るだけでは誰も来てくれません。
来院し口コミで患者さんが来てくれる仕組みなども考えないとい
けません。

 

就職先は、あまり期待しないほうがいいでしょう。

 

修業の場と割り切りましょう。
鍼灸師の働く場は、病院などの医療機関では少ないのが現状です。
鍼灸院でも募集するところは少ないです。

 

鍼灸接骨院で場を見つけたとしても実際にはマッサージをさせら
れることが多いです。

 

鍼灸師の国家資格を取ったスタート地点です。
資格をとってからが一人前になるのには時間がかかります。
卒業後も、セミナー等に出て学習をしなければついていくことは
できません。

 

パターンで鍼灸をやる方法もあります。
いろいろなスタイルでやる方法があります。
時間がかかりますが確実に面白い世界です。

 

将来性について

 

私は将来性があると思っています。
まだまだ解明されていないことがあります。
鍼灸のアプローチは狭くて深いです。

 

どこまで深堀りできるかあなた次第です。
こんな世界があったのかという驚きの業界です。
それを見つけるのはあなたです。

 

スポンサードリンク
page top