鍼灸学校の選び方

スポンサードリンク

鍼灸専門学校の夜学についてどこ(本科・専科)を受けたらいいのか

全くあなたが知識がないのならマッサージの資格も同時に取れる
本科を薦めます。

 

鍼灸の学校には鍼灸専門の専科とあん摩・マッサージ・指圧(あ
マ指)の資格も取れる本科があります。

 

私は知らずに本科を受けましたがマッサージや按摩、指圧がある
のを入学して知りました。

 

江戸時代からの教育システムの一つに按摩十年することにより生
計を立てながら間隔を作る修行がありました。
私の学校はあん摩マッサージで技術を覚えてから鍼灸の技をより
磨くということを推奨していました。

 

 

そして当時のバイトはすべてマッサージ系でした。
まだリラクゼーションがない時代でした。
リラクゼーションは整骨院が保険でマッサージをしていた時代が
あります。

 

いまはそういうことが厳しくなりできなくなりました。
こういうことを言うと怒る先生方もいますが、マッサージや按摩指圧はカ
ラダの筋肉の様子が理解するのにとても役立ちます。

 

毎日数時間人の体を触り続けている人と1〜2時間の実技の授業で
技術が身につくと思っている方がちょっとどうなんだろうと考え
てしまいます。

 

本科のいいところは、鍼灸師の触診能力を身につけることに役立
つことです。

 

鍼灸だけで開業するというのは現実問題難しいものです。
理由の一つはいわゆる「ツボ」を見つける手はすぐには作れません。

 

ただ専科出身につけようとしたらどういう方法があるのでしょう?
やはり触る環境が必要です。
鍼灸院で沢山来院のある場所などに研修できるのがいいです。

 

就職を地方で考えているのなら本科がオススメです

 

本科が無理でももしダブルスクールが可能なら柔整も教えている
学校の入学という手があります。
同時に入学すると授業料も少し安くなる学校もあります。

 

将来が決まっていないのならいろいろなパターンを検討してみま
しょう。

スポンサードリンク
page top