鍼灸師 形井秀一

スポンサードリンク

治療家の手の作り方

筑波技術大学教授の形井秀一氏が、頭部から足部まで、からだ全体の触診の仕方を実演しながら、初学者向けに触診のポイントをわかりやすく解説するとともに、触診上達法なども紹介している。

 

指頭感覚を研ぎ澄まして体表から体や心の虚実を触れ分けられる「治療家の手」。
日本の鍼灸師の命は触って判断できる手です。
これが基本中の基本。

 

その手作りは、かなり意識して作らないと出来上がりません。
形井秀一先生が触診による「体表所見」を把握するための方法を「反応」を中心に論じる。
身体を7つの部位に分け、それぞれについて各論で説明。

 

 

DVDは出版社から取り寄せることができます。

 

治療家の手の作り方-反応論・触診学試論-

新品価格
¥4,968から
(2015/4/29 10:31時点)

 

鍼灸治療には触診がとても大事です。
不思議なことに学校教育では、ほとんど学ぶことは出来
ません。

 

何処で学ぶのか?
独学か講習会、弟子入りなどして学ぶのが一般出来です。
脈診で証をとれてもツボの場所は寸法通りに取るのか?
反応点を取るのか?

 

反応点は触らないと分からない場所です。
触れば分かるのか?
普通はかなり臨床体験をしないとわからないのが触診です。

 

この本は触診を解説したものです。

 

1 ツボの解剖学的説明

 

2 反応の出方

 

3 姿勢によってのつぼの位置の違い。

 

4 硬結について

 

5 触り方

 

注意しなくてはいけないのは読んで理解出来る人は臨
床のある人です。

 

経験の浅い人は読みながら知り合いと練習が必要です。

 

全て読んでみて消化不良で終わっています。
全てにおいて網羅するには難しいのだろうと思います。

 

このような本が多く出てくることを期待したいです。

妊娠・出産・産後をケアする妊婦マッサージ

形井秀一先生が早乙女智子さんと翻訳された本です。
一番新しい形井先生が手がけられた本です。

 

妊娠期のトラブルの改善、分娩時のサポート、産後の不調のケアまで。

 

安全かつ快適な施術をするための注意事項とともに、妊婦のための施術ベッドのセッティングやドレーピング、
安全なポジショニングはもちろん、エフルラージュ(軽擦)、ニーディング(揉捏)ほか、セラピストが本来身に着けている
基本的な手技を妊婦向けにどう調整するかがわかるようになっています。

 

妊婦という新しい患者を開拓するために、またすでに施術をしている治療家にも必携となるマッサージの技術書であり、
鍼灸師や、妊婦と直接接する看護師、助産師などの医療関係者にも、妊婦の要望をどう受け止め
対応するべきかの指南となる1冊です。

 

妊娠・出産・産後をケアする妊婦マッサージ

新品価格
¥4,536から
(2015/4/29 10:32時点)

産婦人科領域の鍼灸治療

形井先生の得意な分野の一つが婦人科系の鍼灸療法です。
東洋医学における産婦人科史や、産婦人科疾患の鍼灸治療(臨床分野)について、詳しく解説しています。

 

産婦人科領域の鍼灸治療

 

―目次―

 

I. 産婦人科領域の鍼灸の歴史
 1.現代日本鍼灸と産婦人科領域の鍼灸
 2.日本における産婦人科の歴史

 

II. 東洋医学の産婦人科の考え方
 1.月経について
 2.妊娠月数と妊婦の生活
 3.分娩

 

III. 各論
 1.基礎体温
 2.月経不順
 3.月経困難症
 4.冷え症
 5.不妊
 6.更年期障害
 7.つわり
 8.妊娠中の腰痛
 9.逆子
 10.逆子治療の安全性

 

IV. 産婦人科領域の鍼灸治療のまとめ

 

産婦人科領域の鍼灸治療

新品価格
¥2,808から
(2015/4/29 10:33時点)

 

 

イラストと写真で学ぶ 逆子の鍼灸治療

鍼灸師はもちろん,医師や助産師,産科婦人科に携わる方に広く知っていただきたい,妊 娠中の鍼灸治療の意義とメリットを簡潔に紹介.

 

●逆子の鍼灸治療における,妊婦の診察(腹診を中心に),治療経穴,お灸,灸頭鍼,自宅で行う棒灸などについて,図や写真を用いて詳細にわたって解説.治療法のモデルとして活用できる,わかりやすい記述.

 

●EBMや安全性,治療効果のメカニズムについても記述.医師,患者,鍼灸師など,いくつかの異なる視点からの新しい研究も紹介し,現状から,よりエビデンスを強め安全性を高めていくための指針も提案.

 

●『医心方』や『産論翼』などの,さまざまな古典文献における妊娠・分娩に関する記述を収載.東洋医学における逆子の概念の歴史と,逆子の鍼灸治療のルーツについての理解の一助に.

 

イラストと写真で学ぶ逆子の鍼灸治療

新品価格
¥4,320から
(2015/4/29 10:34時点)

 

I 現代日本の鍼灸の現状(形井秀一)
 1 痛み治療中心の戦後の日本鍼灸
II 東洋医学にみる逆子(産婦人科領域の鍼灸史)(形井秀一)
 1 妊娠・分娩に関連する鍼灸の歴史
 2 東洋医学にみる妊娠と分娩
 3 逆子の概念と鍼灸
III 現代の逆子の概念と鍼灸治療─EBM,メカニズム,安全性─
 1 現代の逆子の概念(形井秀一)
 2 骨盤位に対する鍼灸治療の日本におけるEBM(土井土善彦,形井秀一)
 3 逆子の鍼灸治療効果のメカニズム(形井秀一)
 4 逆子の鍼灸治療の安全性(形井秀一)
IV 逆子の鍼灸治療の進め方(形井秀一)
 1 逆子の鍼灸治療における診察の実際
 2 逆子の鍼灸治療の方法
V 逆子の鍼灸治療の研究
 1 医師からみたさかごの鍼灸治療─安全性と効果と奏効機序─(林田和郎)
 2 産科医院における鍼灸治療(渡邊聡子,山田鑑照,朝元健次,加藤久典)
 3 骨盤位の鍼灸治療の適正な受診週数と安全性について(辻内敬子)
 4 逆子の鍼灸治療─証に従った治療法の試み─(酒井 厚)
 5 骨盤位に対する鍼灸治療(青木美鈴,鈴木裕明)
VI 逆子の鍼灸治療に関する患者のイメージ─アンケート調査─(岩間かおる,形井秀一)
VII 逆子治療を安全でより確かなものにするために(形井秀一)

スポンサードリンク
page top